コロナに負けるな!
松本のお店で 最大30% 戻ってくる
キャンペーン!

【重要】銀行口座からの不正出金に関して

 「ドコモ口座」、「PayPay」など資金移動業者の決済サービスを通じた銀行口座からの不正出金に関する対応について、金融庁とPayPay株式会社は下記のとおり発表をしています。
 現在PayPayを利用していない方についても、銀行口座の通帳を記帳して確認する、怪しいメールに返信をしないなど、ご自身の情報管理をしていただきますようお願いいたします。
 なお、新しい情報が確認できましたら、こちらのページに情報を更新しますのでご確認ください。

松本のお店で
最大30% 戻ってくる キャンペーンとは

  松本市消費応援キャンペーン実行委員会とPayPay株式会社は、松本市内の対象店舗において、キャッシュレス決済サービス「PayPay」で決済すると、決済金額の最大30%のPayPayボーナス(付与上限:1,000円相当/回、10,000円相当/期間)が戻ってくる「コロナに負けるな!松本のお店で最大30%戻ってくるキャンペーン」を2020年9月17日(木曜日)から10月31日(土曜日)まで実施します。

 松本市に店舗を構える事業者は緊急事態宣言の解除を受け、感染予防対策をとりながら営業を行っています。厚生労働省が公表した「新しい生活様式」では、紙幣や硬貨の受け渡しを伴わないキャッシュレス決済が推奨されており、松本市消費応援キャンペーン実行委員会とPayPay株式会社は、松本市とPayPay株式会社が締結した「キャッシュレス化推進に関する包括連携協定」に基づき、感染リスクを低減しつつ、市内の対象店舗の売上向上とキャッシュレス決済利用のさらなる促進を目的に、本キャンペーンを実施します。

※本キャンペーンは、事業者の負担軽減を第一に考え、キャッシュレス決済の導入費用がかからないサービス展開がされている「QRコード決済」を対象とします。また、複数ある中で松本市内における加盟店舗数が多く自治体と連携して消費活性化に向けたキャンペーンが実施可能な「PayPay」を対象に実施します。

キャンペーン概要ページはコチラ!

松本市が
PayPayと包括連携協定を締結

 松本市は、6月26日にソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ヤフー株式会社の3社が共同出資するPayPay株式会社と「キャッシュレス化推進に関する包括連携協定」を締結しました。
 松本市とPayPay株式会社は、両者の人的・知的資源を有効に活用した協働の取り組みを推進します。
 なお、PayPay株式会社が長野県内の自治体とキャッシュレス化推進に関する連携協定を締結したのは、松本市が初めてです。
【包括連携協定の主な内容】
①キャッシュレス社会の推進に関すること
②観光振興に関すること
③商業振興に関すること など

詳細はコチラ
ご連絡先

お問い合わせ先・申込先

松本市商工課

〒390-8620 松本市大手3-8-13 
TEL:34-3110 FAX:34-3008

松本商工会議所

〒390-8503 松本市中央1-23-1 
TEL:32-5345 FAX:33-1020

松本市波田商工会

〒390-1401 松本市波田10098 
TEL:92-2246 FAX:92-5999